日々精進 お役立ち情報

日々の生活の中で、気になる情報やお役立ち情報を自分の経験談など交えながら解説しています

運動会リレー必勝法!コツは?抜き方は?バトンの渡し方は?

   

rire01
 

前回の記事で、小学校の
運動会の徒競走で速く走る方法について書きましたが

運動会の徒競走で速く走る方法は?コツは?距離から考える対策

今回は、運動会において、
一番の花形種目でもある

リレーについての必勝法について
解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

運動会のリレー必勝法そのコツとは?

運動会のリレー競技が、学校の生徒数など規模によるものもありますが、
ある程度生徒数のいる小学校では、

1年生~3年生までの低学年リレー

4年生~6年生までの高学年リレー

といったように、低学年と高学年で分かれています。

 

そして、小学校のトラック1周は約200mで行われ、

低学年リレーにおいては、

一人が半周を走り、アンカーのみ1周を走る

高学年リレーにおいては、
一人が1周を走り、アンカーは1周プラスα

といった感じで走る距離が違います。

ですので、低学年、高学年とリレーにおいての
走り方のコツが違いますので、
それぞれのコツをお話していきます。

 

運動会のリレー必勝法 走り方のコツは?

■低学年のリレーの走り方のコツ

低学年においては、トラックの半周になるので、

直線はバトンをもらった直後と、バトンを渡す前のわずかで
カーブがメインとなります。

ですので、まず基本的な事として、
距離のロスを最小限に抑えるために、

内側を周っていくことが大事です。

特に、1年生でリレーというものをあまり見たことがない
場合には、外側を周ってしまってロスしてしまうケースも
良く見かけますので、

内側を走るということを徹底してください。

 

■高学年のリレーの走り方のコツ

高学年リレーになると、トラック1周となりますので、
200mを走ることになります。

この200mを全力疾走するというのは、
大人でもかなり疲れるものです。

特に、少年サッカーなど習い事で常に運動をしているような子の場合には
体力も持つでしょうが、

普段、外で友達と遊んでいる程度の子だと
200mを全力で走りきるというのは
かなりきついものです。

ですから、ペース配分が大事になってきます。

 

そこで、ポイントとなってくるのが
カーブの走り方です。

1周200mのトラックでカーブがきつめなので、

低学年の場合にはそこまでスピードと歩幅がありませんので
内側を周ることがそれほど苦になりませんが、

高学年になってくると、歩幅も大きくなり
スピードも出てきますので、

どうしても普通に走ってしまうと
遠心力が働いて、外へと体がもっていかれてしまいます。

 

ですので、カーブの時には、
できるだけ、小刻みな歩幅で、足の回転を速くすることを
心掛けてみてください。

内側を走る事で距離のロスを防ぐことができます。

また、体を若干内側へ倒すと、スピードに乗っても
外へと膨らみにくくなります。

 

ただし、倒しすぎてしまうと、
転んでしまう確率も上がりますので、

その加減は自分で見つけてみてください。

 

また、どんなに歩幅を狭めて、回転の速い走り方にしても
スピードを出すと外へと流れてしまい

スポンサードリンク

それを抑えようと余計な力が入り、体力を消耗しますので

カーブでは、あまり力を入れず8割くらいの力で
走り、直線で100%の力を出す

というようにすると、

最後まで体力がもちやすくなります。

 

運動会のリレー必勝法 抜くポイントは?

リレー競技で、相手チームのある事ですので、
当然、前を走る相手を抜くという場面もあります。

その時のポイントですが、

直線部分で抜くことを意識してください。

 

カーブの時に抜くとなると、
必ず相手の外を周らないといけなくなりますから
距離ロスをしますし

相手と同程度のスピードの場合には、
当然内側を走っている選手の方が、
走る距離が少ないので有利ですから

まず抜くことができません。

 

ですので、カーブの時には、
前の相手のすぐ後ろにつき

直線に入ったところで、
抜くことを意識してみてください。

ただし、自分よりもスピードがあきらかに
劣っている子が前を走っている場合には、

カーブでも抜くことはできますので

その時には積極的に抜いていきましょう。

 

運動会のリレー必勝法 バトンの渡し方?

リレーでおろそかにしていけないのがバトンパスです。

よくバトンパスで失敗してバトンを落としてしまい
順位を落としてしまうという場面を見たことがあると思います。

どうしても、本番では気持ちが高ぶりますので
すぐにでも走りたいという気持ちが前に出てしまい
焦ってスタートをきろうとしがちですが、

そうなってしまうとバトン渡しでミスも出てきて

落としてしまうともちろんですが、
落とさなくても、渡す動作がスムーズにいかないと
相当なタイムロスになってしまいます。

 

ですから、バトンパスの時には、
しっかりとバトンを見て
手で掴んでから走り出す
ようにしましょう。

 

またこれもよくあるパターンですが、
バトンパスの練習の時に、

前を走っている子が自分へ向かってくると
ゆっくり走り出してバトンを受ける

ということをすることが多いです。

 

ただ、これをやってしまうと
前を走っている子は、自分のゴール目前で
体力もあまり残っていない状態なので

スピードがあまり出ていない

一方でバトンを受ける方は
走る気満々なので、前へ前へ行ってしまい

一向にバトンの受け渡しができなく

ここでも大幅なタイムロスをしてしまう

ということが多々あります。

 

ですので、低学年の場合には、

できるだけその場で動かずに

しっかりとバトンを受け取ってから
走り出すようにすると、

ミスもなくスムーズなバトンパスができるでしょう。

 

高学年の場合には、一人が走る距離が200mと長いので

ゴール目前ではまず体力が残っていません。

ですので、バトンをもらう際には、

前の走者へ少し近づいていって、

そこでバトンを受けると

タイムロスが少なくなります。

 

バトンパスは、とにかくリレーにおいて、
かなりのウエイトをしめる部分ですので

まずは確実性を重視して、
行うことを心掛けてください。

 

まとめ

運動会のリレー競技においては、
まず普段の力を出し切ることが大事ですので、

走る前には、ふーっと息をはいて深呼吸をして
リラックスしてから走るようにしましょう。

そして、今回あげたポイントを意識して、
良い結果に結びつけてみてください。

スポンサードリンク

 


にほんブログ村 その他生活ブログへ

 - 年間行事

Comment

  1. みったん より:

    分かりやすい!

  2. みったん より:

    中学生のも、教えて!

  3. あーちゃん より:

    とってもわかりやすかったです。参考にさせてもらいます。

  4. 名無しさん より:

    とても参考になりました。ありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

unagi2
父の日にうなぎ蒲焼!ヒルナンデスで紹介!楽天ランキング1位の絶品うなぎ

2015年の父の日は6月の第3日曜日である 6月21日です。 スポンサードリンク …

hahanohio06
母の日のプレゼントは彼氏の母親にも渡す?オススメのものは?

2016年の母の日は5月8日です。 当然、ご自分の母親へプレゼントを贈ることは考 …

hahanohi02
母の日のプレゼント義母へ渡す?初めての時は?花以外のものは?

  幸せな結婚をして子宝にも恵まれ 家庭円満の日々 スポンサードリンク …

hana03
母の日にまだ間に合う花を贈るには?楽天は?当日に届くには?

  もう気がつけばゴールデンウィークに突入! 日頃の仕事や家事の疲れを …

hahanohi07
母の日のプレゼントの送り主名は?連名にする?世帯主のみ?

  結婚1年目の母の日。 ご自分の母親へプレゼントを贈ることはもちろん …

unndoukai02
運動会の徒競走で速く走る方法は?コツは?距離から考える対策

  新しい学年がスタートして、 慣れてきた頃にやってくる一大イベントい …

hana01
母の日はいつから2016 由来(起源)は?なぜ花なの?外国では?

  4月になり、入学や入社のシーズンですが、 もう来月には母の日がせま …

rire04
運動会親リレーのコツは?お父さん、お母さんそれぞれの対策とは?

  子どもの幼稚園や小学校の運動会で、 父母が出場するリレー競技という …